木の種類について

『ちょっとWOOD もっとWOOD研究所』では、多種多様な木材を取り扱っております。
下記ではその中でも代表的な樹種をご紹介いたしますので、ぜひご参考にご覧ください。

主な対応樹種

杉

杉は日本特産の代表的な樹種の一つで、生育エリアが広いのも特徴です。北は本州北部から南は屋久島まで自生し、人工植栽においては北海道南部にまで及ぶなど、非常に量を確保できる点が魅力の樹種になります。建築用材として最も多く用いられる樹種としても有名で、建築用材のほかにも建具材や包装用材など、使用用途の多さも好まれる点ではないでしょうか。加工のしやすい樹種でもあるため、人気の高い樹種です。

杉商品を見る

ヒノキ

ヒノキ

ヒノキ(桧)も杉と同じく日本特産の樹種で、生育エリアは本州中部から四国、九州、屋久島までおよびます。日本において、建材として最高品質という位置づけにあり、その証拠に寺社仏閣などに多く利用されています。古くは飛鳥時代から寺社仏閣に用いられていたほど、歴史のある樹種といえます。特徴としては、加工が容易で緻密で狂いがなく、何よりもヒノキから放たれる芳香こそが最大の魅力ではないでしょうか。

ヒノキ商品を見る

米松

米松

北米大陸の西部に広く分布する松の一種で、生育エリアは主にブリティシュコロンビアからワシントン、オレゴン、ロッキー山脈、メキシコまで及びます。柱や梁といった建築用構造材をはじめ、造作材やフローリング材、家具、合板などの素材に多様に用いられています。針葉樹の中では重くて強いのが特徴で、黄色または赤褐色の心材も特徴です。輸入材ですが、一説には明治時代にすでに輸入されていたといわれるほど、歴史ある樹種です。

米松商品を見る

欧州アカマツ

欧州アカマツ

欧州アカマツとは名前が示す通り、ヨーロッパ全域をはじめ、中央アジア、シベリアにかけて幅広く生育している樹種です。日本に輸入される欧州アカマツの主な生産国は、スウェーデン、フィンランド、ポーランド、ロシアが挙げられます。乾燥後の性質が安定しているという特徴があり、建築用材から土木用材、梱包用材、造作材として用いられるほか、パルプ材としても活用されています。

欧州アカマツ商品を見る

北洋エゾマツ

北洋エゾマツ

北洋エゾマツの生育エリアは、シベリアから中国北東部、千島、樺太、北海道と寒い地域になります。木質が軽く軟らかいために加工性が良く、カンナをかけた際の仕上がりも光沢があり良好な反面、耐久性に若干難があるという一面もあるため、使用シーンを選びます。用途としては、建築用材、建具材、梱包用材、器具材、パルプ用と多様です。

北洋エゾマツ商品を見る

ベイヒバ

ベイヒバ

ベイヒバは“ヒバ”と名前が入っていますが、日本のヒバとは違う種類で、実際はヒノキの仲間という変わり種です。特徴としては、強烈な臭いを有する点。そのため、建築物などの表面的な部分に用いられることはありません。一方で高い安定性・耐久性・耐腐朽性に加え、加工もしやすいため、建築用材としては人気のある樹種です。他にも内装材や船舶材、木型、楽器材などに用いられます。生育エリアは北米大陸のアラスカ州南東部からオレゴン州。

ベイヒバ商品を見る

米栂・米杉(レッドシダー)

米栂・米杉(レッドシダー)

米栂(ベイツガ)・米杉(ベイスギ)は、どちらも北米大陸から輸入されるツガ・杉の仲間です。ベイスギは杉の名前を冠していますが、属性的には杉よりもクロベ(ネズコ)に近いと言われています。ベイスギは集成材の板谷建築用材、建具材、屋根材などに用いられ、ベイツダは建築用材、箱・器具用材、パルプ材などに用いられています。

米栂・米杉(レッドシダー)商品を見る

地松

地松

地松には黒松と赤松があり、黒松は海側に、赤松は山側に育ちやすいと言われています。
それぞれ魅力のある樹種ですが、特に黒松は化粧材や床の間材として用いられるほど、色艶・迫力が魅力です(ちなみにマツタケが生えるのは赤松の下です)。杉やヒノキに比べて油分が多く粘り強い特性を生かし、横架材としてよく用いられています。

地松商品を見る

カラ松

カラ松

マツ科の針葉樹であるカラ松は、関東から中部地方にかけて生育しています。建築用の構造材(土台・柱・針・筋交い)や内装材、土木材、家具材として幅広く用いられる点からもわかるように、耐朽性の高さが魅力です。さらに天然のカラ松材は銘木としても重宝されています。

カラ松商品を見る

タモ

タモ

北海道を中心に本州北中部や樺太、朝鮮、中国、ロシアなどが生育エリアのタモは、湿地を好んで生育しているのが特徴です。使用用途としては、家具材や建具材、造作材、器具材、車両材、化粧用材、内装材、土木材など、非常に多岐にわたります。樹種の特徴としては国産だけでなく、中国やロシア産も国産と変わらぬ品質を誇る点が挙げられます。

タモ商品を見る

アピトン

アピトン

ディプトロカルパス属の樹木の総称であるアピトンは、実に7 0 種類以上に及びます。インドやスリランカ、タイ、ミャンマーからフィリピンやバリなど、幅広いエリアに生育しています。木材としては見た目が美しくないために表面的な部分には用いられませんが、一方で強度が強いという特徴から工場の床板や車両材などにも用いられています。

アピトン商品を見る

  • こちらもご参考ください!お役立ちコンテンツ
  • DIYマニュアル
  • 加工について
  • 木の種類について
  • 塗料について
  • よくある質問