塗料について

プロみたいな塗装は、“塗料選び”と“事前の準備”が重要です。

プロみたいな塗装は、“塗料選び”と“事前の準備”が重要です。

DIYを楽しまれる方にとって、意外と手を煩わされるのが『塗装』です。
「刷毛で塗料を塗れば良いだけ」と思いがちですが、それだけでは満足のいく仕上がりにはなりません。初めて塗装される方は、まずは下記のポイントをご覧いただき、塗装に挑んでみてください。

塗料の種類

塗料の種類

塗料を大きく分類すると、目的・用途と特性(油性・水性)があげられます。塗料缶には必ず「木部用」や「鉄部用」といった『どこに使う塗料なのか』が表記されておりますので、まずは用途に合わせて選びましょう。

木材に使用する塗料の代表的なものとしては、ニスやオイル、ステインなどがあります。こうした塗料の特徴は、木目の雰囲気をあまり変えることのない『透明感』です。
ニスは木材の表面に塗膜を作ることで光沢を生み出すことができ、オイルは木材に浸透し内部に保護膜を作ることで上品な光沢を生み出します。ステインは木材に染み込んで色を付ける着色剤で、木目を生かした塗装が可能です。

塗料の選び方

塗料の選び方

塗料を選ぶ際にまず大切なのは、目的と使用シーンです。屋内用か屋外用かによって最適な塗料は大きく異なりますので、まずはシーンの選別が重要でしょう。その上で防腐や防カビ、防虫といった各種効果から最適な塗料を選びましょう。

また、油性と水性でどちらがベストなのかは木材や使用シーンによっても異なります。塗装経験の少ない方がご自身で判断するのはなかなか困難ですので、気になる方はまずは当社にご相談ください。

塗装する前に気をつけたいこと

塗装する前に気をつけたいこと

使用する塗料も決まって、さぁ塗るぞ!そんなときに気をつけてほしいのは、『塗装する下地をきちんと整えているか』という点です。いくら最適な塗料を選んでも、下地が整っていなければ、きれいに仕上がりません。まずは紙やすりなどで表面をやすりがけし、塗りやすい下地を作りましょう。

また、塗る際には塗料の状態にも気をつけたいところ。初めて使用する塗料は缶の底に成分が沈殿しているので、まずは木片などでしっかりと混ぜてください。こうしたちょっとした準備が、きれいな塗装につながります。塗装と聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、やってみると意外と簡単です。まずは楽しむつもりで塗装してみてください。

  • こちらもご参考ください!お役立ちコンテンツ
  • DIYマニュアル
  • 加工について
  • 木の種類について
  • 塗料について
  • よくある質問